田村潔司.com

【田村潔司.com】【kiyoshi tamura.com】【다무라 기요시.com】【คิโยชิทามูระ.com】

【田村潔司】ラットマシーンで背中を鍛える、おん たった1つ気をつける点、おん(ラットプルダウン前)

calendar

reload

【田村潔司】ラットマシーンで背中を鍛える、おん たった1つ気をつける点、おん(ラットプルダウン前)

ラットマシーンで背中を鍛えるたった1つ気をつける点(ラットプルダウン前)

 

背中を鍛えるウエイト(筋トレ)

 

・背中を大きくしたい・・(横から見た「厚み」)

 

・逆三角形を作るには・・・(後ろから見た「広さ」)

 

身近に背中を鍛えるとしたら

 「懸垂」

 

でも、懸垂「1回」も出来ない・・・

 

手始めに

ラットマシーンを使用し背中を鍛える

良いかと思います。

  

ラットマシーンで、背中の筋肉の下地を作る

下地が出来たら

⇒懸垂(自重)を行う【中級レベル】

さらに

⇒懸垂(自重)+ダンベル(プレート)【上級レベル】

 

 

とにかく

逆三角形になりたいなら

四の五の言わずに

・「ラットマシーン」

・「懸垂」

筋トレが良いかと思います。

 

 

私の経験上

「引く系⇒背中(広背筋)」は

 

大雑把に大胆に

・がむしゃら「懸垂」

・がむしゃら「ラットプルダウン」

 

多少フォームが崩れても

繊細かつ大胆に

鍛えられる部位かと思います。(押す系⇒「ベンチ等」と比べ・・個人見解)

 

ファームを意識し、

「どこの筋肉に」「どこに部分に」※重要

「効いてるか」「効果があるか」を

意識出来れば良いかと思います。。(個人見解)

 

 

では本題

 

ラットマシーンで背中を鍛える

たった1つだけ気をつける点(ラットプルダウン前)

「肩甲骨」しっかり動かす「意識」

⇧上記画像はイメージ(※顎ラインまで下げる)

 

 

「肩甲骨を動かしてるよ」って「意識」

 

 「動かす意識」が出来れば良いかと思います。

 

 

 

肩甲骨から動かす、このフォームで

「懸垂」

筋肉に、更に「ドカーン」

 

  

その為に

ラットマシーンで、筋肉下地を作っていく。

 

以上となります。

  

 

ラットマシーンでフォームが出来てからだな おん

出来てからだな  おん

 

(肩甲骨で懸垂出来るようになったら・・・)

 

大したもんですよ おん

肩甲骨で懸垂出来たらね おん

大したもんですよ。 

 

以上まとまりなく終わります。 

 

おまけ

参考までにK君

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

テスト

田村潔司

簡単な自己紹介

folder キッズクラス

キッズ無料体験
more...