田村潔司.com

【田村潔司.com】【kiyoshi tamura.com】【다무라 기요시.com】【คิโยชิทามูระ.com】

【田村潔司】14項目(GIF動画)、膝が痛い時、治療法と原因と鍛え方と運動とストレッチとマッサージ【検証】

calendar

reload

【田村潔司】14項目(GIF動画)、膝が痛い時、治療法と原因と鍛え方と運動とストレッチとマッサージ【検証】

 【田村潔司】14項目(GIF動画)、膝が痛い時、治療法と原因と鍛え方と運動とストレッチとマッサージ【検証】

 

【膝が痛い】

膝が痛くなる原因?

 

・運動中の怪我

・加齢

・その他

色々原因はあるかと思います。。

 

・痛みもそれぞれ

・治療方もそれぞれ

と思います。

 

僕も

膝の怪我

2度、大きく怪我をした経験があります。(小さい怪我は除く)

 

●1度目、試合中(膝関節を伸ばされて)

●2度目、練習中(捻って)

 

怪我した直後

 

パンパンに膝周りが腫れて、膝が全く曲がらない

 

立つ座るの動作

トイレ

日常生活で膝を曲げられない

怪我した足をかばって、腰もパンパン

かなりストレスと苦痛を感じました。

 

10年以上前の話になります。

 

 

 

【経験】怪我した時の治療法・対処法(当時)

※手術「する」「しない」は医者と相談

 

手術はしない場合

 

⇒3日間(36時間)はとにかく冷やす(アイシング)

⇒安静

⇒腫れが引き

⇒一ヶ月後・・プールで膝の曲げ伸ばし(リハビリ)

⇒二ヶ月後・・膝の曲げ伸ばしがゆっくり出来る様になる

⇒三ヶ月後・・9割治る(ほぼ完治)

※症状は、人によって、異なります。

 

 

【経験】膝の痛み違和感なくなるまで期間

膝の違和感がなくなるまで(完治)、半年の期間を要したと記憶してます。。

今回の例は

運動した時(試合&練習)の「突発的な怪我」の対処法になります。。

 

加齢などで、膝に痛みがでる。

古傷など、長年の消耗による痛み。

 

 

基本

加齢、古傷など消耗して痛みが出て来る場合は、

病院に行き

適切な処置をして貰う事をオススメします。。。

病院に行くが原則

 

 

【改善&予防】

「今以上、悪くさせない」という意味での

自分で【改善&予防】も出来ると思います。。

 

・自分の経験など

・加えてネットなどで「改善・予防」情報収集

改善・予防には「筋力獲得」
膝痛を放置しておくと、炎症が続いて軟骨や骨が徐々に傷んできます。O脚が進行するところまでいってしまうと、軟骨への負担がさらに強まるので、なかなか元へ戻せません。まずは改善・予防として痛み始めの段階で修正することが大切です。
そこで、効果的なのは筋力をつけることです。筋肉を鍛えると、膝の痛みが緩和します。これは筋肉がしっかりすることで、関節が安定した状態で動き軟骨のすり減りを抑えられるからです。軟骨の磨耗を防ぐには、筋力を鍛えることが効果的です。膝関節に関する筋力の動きは主に3つの役割があります。
①関節を動かす
②関節を安定化させる
骨だけではバラバラに。靭帯でつながっていてもグラグラします。筋肉にしっかりおおわれることによって安定化します。
③関節面への衝撃を緩和する
調整しながら“そっと”荷重をかけることがポイントです。足がつくタイミングに合わせて、わずかに膝を曲げることにより緩衝します。筋力の増強により、この緩衝作用が働きやすくなり、関節面の負担も軽減することにつながります。

また、肥満は膝痛の重要な発症要因、進行要因になるので、太り過ぎには注意が必要です。まず、体重の5%ぐらいを落としてください。50キロの人なら2.5キロでいいわけですから、無理な目標ではありません。

無理せず、毎日運動を続けるよう心掛けましょう。

https://mediaid.sigmax.co.jp/distress/knee/knee-arthrosis/2-%E5%A4%89%E5%BD%A2%E6%80%A7%E8%86%9D%E9%96%A2%E7%AF%80%E7%97%87%E3%81%AE%E6%B2%BB%E7%99%82%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%82%A2/

 

以上を抜粋してまとめる

・軟骨の磨耗を防ぐには、筋力を鍛えることが効果的
⇒「筋力獲得」

・関節面への衝撃を緩和する
⇒「減量など」

・無理せず、毎日運動を続ける

 

以上

自身、効果的であろう「ピン」ときた情報収集。。

 

 

「筋力獲得」は必須

 

膝に痛みがある場合「筋力の獲得」

スクワットなど、膝に負担がかかるような・・・

 

どうするか?

鍛え方【検証】

※あくまで僕のイメージです。。やり方が、あわない場合はすぐにやめて下さい。

 

 

膝に痛みがある場合「筋力の獲得」

流れとしては

・「膝のストレッチ」から

・「膝への負荷の少ない筋肉トレ」へ

 

【検証】8項目となります。。

 

①膝曲げのストレッチ

 

 

 

②膝のお皿のストレッチ

 

 

③足首を回す

 

 

④膝の曲げ伸ばし(大腿四頭筋(ももの筋肉)意識する)

 

 

バスタオル用意(大きめ)

 

 

⑤膝の下辺りにタオルを敷いて膝を伸ばす(大腿四頭筋意識する)

バランスクッションベスト(静止画)

 

 

⑥バウンドさせる(大腿四頭筋意識する)

バランスクッションがベスト(静止画)

 

 

⑦タオルを内側に挟み込む(内転筋)

バランスクッション挟む

 

バランス・クッションとは

 

 

⑧大腿二頭筋を鍛える(ももの裏)

 

おまけ

以上まとまりなく終わります。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

テスト

田村潔司

簡単な自己紹介

folder キッズクラス

キッズ無料体験
more...