田村潔司.com

【田村潔司.com】【kiyoshi tamura.com】【다무라 기요시.com】【คิโยชิทามูระ.com】

【田村潔司】実戦スパーで「テンカオ」を合わせる・ムエタイテクニック 膝を合わすタイミングと角度?(脳内分析)【実戦編】

calendar

reload

【田村潔司】実戦スパーで「テンカオ」を合わせる・ムエタイテクニック 膝を合わすタイミングと角度?(脳内分析)【実戦編】

【田村潔司】実戦スパーで「テンカオ」を合わせる
・ムエタイテクニック
・ 膝を合わすタイミングと角度?(脳内分析)【実戦編】

 

テンカオ

格闘技をやってない人には「耳慣れない」言葉かもしれません

 

簡単に説明

テンカオ・・・「膝蹴り」を「前に出てくる相手に当てる」

カウンターで膝を合わせる(あてる)と言う意味ですね・。

 

ムエタイの表現ですね。。

ちなみに

「ムエタイ」(タイ)修行中!!!

【1992年頃?】タイ(ムエタイ)に修行 大事なものはなんですか?

 

本題に戻り

「相手のどこに膝を合わせるか?(あてるか?)」

 

「お腹」に合わせる(当てる)

 

「膝」が「お腹」にカウンターで当たる訳ですから

・ダウンを取れたり

 

ドンピシャリ見事に決まれば

・KOを狙えたり

「致命傷」を与えられる

 

・「キックボクシング」
・「総合格闘技」

凄く有効になります。。

 

膝を合わせるポイントとしては、

・①膝を当てる「角度」

・②合わせるタイミング(カウンター)

この二点が重要です。。

 

①角度?

NG⇒膝を下から上

OK⇒膝を下から上に、打点を迎えると「真横」に(脳内意識)

 

②合わせるタイミングは?

「相手が前に出て来る」タイミングと
「自分が前に出る」タイミングを合わせる
「正面衝突」が一番有効です。

 

①角度と②タイミングの二点が一番重要なポイントになります。。

 

練習方法

・サンドバックなどで「角度の練習」

・(サンド)ミット・マススパーなどので「正面衝突の練習」

※金的に注意して(真面目)

 

「練習を積み重ねで」

反復練習しましょう!!

関連記事:

【田村潔司】3日で一つの関節技を極める方法

【田村潔司】実戦スパーでローキックの当てる・ローキックと言えば誰?(脳内分析)【実践編】

【1992年頃?】タイ(ムエタイ)に修行 大事なものはなんですか?

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




テスト

田村潔司

簡単な自己紹介

folder キッズクラス

キッズ無料体験
more...