田村潔司.com・tamura kiyoshi.com

【田村潔司.com】【kiyoshi tamura.com】【다무라 기요시.com】【คิโยชิทามูระ.com】

1995年12月9日K−1プロディーサー石井館長からオファーが・・・

calendar

reload

1995年12月9日K−1プロディーサー石井館長からオファーが・・・

1995年12月9日K−1プロディーサー石井館長からオファーが・・・

1995年8月18日NKホール
ゲーリー・オブライト戦をメインを任された試合を最後に

1995年10月9日
新日本プロレス VS UWFインターナショナル
全面対抗戦

の流れが出来

それを拒否をした「僕」

メインエベンター

から一転

試合にも干される!

 

一寸先はパプニング!(アントニオ猪木)

 

「株価」で言うと

大暴落→上場廃止

状態

・すかいらーくの株価が下落・・・・

1995年10月9日
新日本プロレス VS UWFインターナショナル

「伝説の興行」とも言われる程のメガヒット

後輩、仲間や、同士は
「伝説の興行」後

・マスコミ
・報道
・TV放送

時の人に、なっていくのです。

道場で、みんなと練習していても
なんとなく温度差、違和感を感じて

1人対抗戦を拒否した僕が、道場にいてはいけない立場のように感じて

四面楚歌&被害妄想で
道場に行かなくなります。。

近くのスポーツジムに入会し

一人で練習をする日々が続きます

いや〜つまらなかった。。

(給与は止められ)不安が先走り
「この先どうしよう〜」

真面目に考えます。。

 

そんな日が続いたある日
K-1のプロディーサー(当時)石井館長から

人を介して
僕に会いたいと・・・・

会うことに少し戸惑いはありました

正直に言うと、

この時期は、やや腐っていて
誰も会いたくなく
少し人間不信になっていた時期で

石井館長に会うこと自体、お断りをしていました。

それでも

どうしても会いたいと

再三のラブコール?で

一度会うことに・・・

待ち合わせ場所は

新高輪プリンスホテル(記憶)

ホテルから移動して会食

 

館長から会食をした日

・10月9日 新日との対抗戦
・12月9日 K-1大会
の間
11月中旬頃、館長にお会いしてると思います

正式なオファー

打診も含めいつだったか?記憶に薄い。

対戦相手

パトリック・スミス
1994年UFCトーナメント準優勝の選手

1994年代の総合格闘技は
当時ルールの制限もなく
ほぼ、なんでもあり

2017年現在のルール
・階級制導入
・オープンフィンガーグローブ着用
・肘の攻撃の制限あり
・ラウンド制

1994年当時のルール
・無差別
・グローブ着用なし(素手)
・金的、目潰し、噛みつき、意外は
なんでもあり
・時間無制限

 

このオファー受け

僕が生き残る為には

NOの選択肢はなく

「YES」しかない

前田さん高田さん講演会の出来事を思い出したのであった。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




テスト

田村潔司

簡単な自己紹介

folder キッズクラス

キッズ無料体験
more...