田村潔司.com

【田村潔司.com】【kiyoshi tamura.com】【다무라 기요시.com】【คิโยชิทามูระ.com】

第52戦目 田村潔司vs桜庭和志 Uインター プロレス格闘技 1996年3月1日・日本武道館

calendar

reload

第52戦目 田村潔司vs桜庭和志 Uインター プロレス格闘技 1996年3月1日・日本武道館

第52戦目

田村潔司vs桜庭和志

Uインター  プロレス格闘技

1996年3月1日・日本武道館

大会名

U.W.F.vs新日全面戦争 第4弾

日時

1996年3月1日

当時の年齢

26歳

対戦相手

vs桜庭和志

会場

日本武道館

試合時間

8分42秒

勝敗

○田村⇒足首固め

田村コメント

 

・1995年8月 UインターNKホール(VSオブライト戦)大会

・新日本プロレス全面対抗戦シリーズに入る
1995.10.9・新日本プロレス東京ドーム大会
(・田村・宮戸不参加

1995年12月9日 田村K-1参戦 名古屋レインボーホール
パトリック・スミス戦

1996年3月31日UWF(Uインター)vs新日全面戦争/武道館大会
・新日本対抗戦シリーズ第4弾

・第1試合(2試合目以降新日本対抗戦)
田村潔司VS桜庭和志戦
(田村7ヶ月ぶりに、Uインター復帰)

生年月日

桜庭和志1969年7月
田村潔司1969年12月
※同学年

入門

桜庭和志 1992年UWFインターナショナル入門(大学中退)
田村潔司 1988年UWF入門(高校卒業)

デビュー

桜庭和志1993年8月13日 日本武道館
田村潔司1989年5月21日 NKホール

1996年(当時)プロレスの「格」の位置づけしたとしたら

・桜庭 前座選手
・田村 メインを幾度と経験(K-1大会でパトスミ勝利、プチブレイク)

1996年(当時)桜庭和志、格闘技的な実力で言うと

1996年・桜庭、世界で通用する実力を秘めていた時期
1998年PRIDE(プライド)活躍で、開花されていく

所属団体

桜庭和志⇒Uインター→キングダム→高田道場(PRIDE)
田村潔司⇒Uインター→リングス →U-FILE

(1996年)桜庭和志3連戦後⇒田村リングス移籍

PRIDE(プライド)初参戦

桜庭⇒1998年PRIDE(プライド)初参戦
田村⇒2002年PRIDE(プライド)初参戦

再び同じPRIDE(プライド)のリングに立つ事となる

桜庭和志

1999年 PRIDE(プライド)フジテレビ放映⇒人気が爆発する

田村潔司

1999年 リングス、WOWOW放映(リングス無差別級王座)

 

1996年袂を分かち

田村⇒2002年PRIDE(プライド)初参戦

PRIDE(プライド)のリングで「格」の位置づけしたとしたら

・Uインターの時と、立場は逆転

PRIDE(プライド)での「格」は違うものの

そんな二人を、マスコミは

「ライバル」として捉える。

なぜか?

恐らく

過去を、振り返り「今回の試合(田村VS桜庭3連戦)」が

クローズアップされたのではないかと・・・(田村目線)

1998年〜桜庭が破竹の勢いでプライドで活躍する中

(VS田村戦 桜庭3連敗(2連敗))

過去と捉えているかも知れない

忘れたかった過去の試合ではなかったではないかと、勝手に想像する

 

僕は

この年齢になり(2017年)
自分の試合を振り返ってみて

田村潔司VS桜庭和志
20年経った(2017年)今でも

・色褪せない

・自分歴史の試合の中でも、

最高の試合だと思ってます・・・・・

と当時に

僕はUWFにこだわりがあります。。

・UWFの歴史上

・「UWF最終形態」の最高の試合だとも思ってます。。

 

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




テスト

田村潔司

簡単な自己紹介

folder キッズクラス

キッズ無料体験
more...