田村潔司.com

【田村潔司.com】【kiyoshi tamura.com】【다무라 기요시.com】【คิโยชิทามูระ.com】

第 62 戦目(リングス7戦目) 田村潔司vs山本宜久 1996年12月21日福岡国際センター メガバトルトーナメント1996準決勝

calendar

reload

第 62 戦目(リングス7戦目) 田村潔司vs山本宜久 1996年12月21日福岡国際センター メガバトルトーナメント1996準決勝

第 62 戦目(リングス7戦目)
田村潔司vs山本宜久
1996年12月21日
福岡国際センター
メガバトルトーナメント1996準決勝

第 62 戦目(リングス7戦目)

対戦カード

田村潔司vs山本宜久

開催日

1996年12月21日

会場

福岡国際センター

大会名

メガバトルトーナメント1996 準決勝

当時の年齢

27歳

対戦相手

山本宜久

勝敗

○田村

決まり技

田村⇒飛びつき逆十字固め

試合時間

9 分 49 秒

  

 

この試合をレポートしてくれた方がいました

【腕ひしぎ逆ブログ】さん

有難うございます。
http://murasakilg.blog64.fc2.com/blog-entry-1162.html#more

【腕ひしぎ逆ブログ】

田村潔司が小太刀(参照:お守りか? グッズか?)を携え、

残してきた幾多の名勝負には、

様々な形の緊張感が同居していました。

その中でも屈指の“果し合い”と呼べるのが、

リングスにおいての同門対決、山本宜久戦でしょう。

1996年12.21 福岡国際センター

リングス・メガバトルトーナメント96準決勝

山本宜久vs田村潔司…振り返りましょう。

既にリングスジャパン所属でありながら、

敢えてUインターのジャージで入場した田村。
Uインターのジャージで入場の田村

ヤマヨシは無骨にタオル一枚羽織って入場です。
タオル一枚で入場のヤマヨシ

この“他流試合感”がたまらないです。

クリーンに握手を交わして試合開始となりますが、

これは文字通り嵐の前の静けさでした。
クリーンに握手を交わして開始

ゴングと同時に前田流喧嘩術で、

どんどん前に出るヤマヨシと、

迎え撃った田村の前蹴りが交錯、
いきなり前蹴りが交差し、

そのままヤマヨシ得意の“無酸素ラッシュ”が始まります。
ヤマヨシのラッシュ

押されっ放しという訳にもいきません、

田村も膝蹴りで返していき、
田村も膝蹴りで返す、

左腕を取ってのUインター“伝家の宝刀”狙い。

ヤマヨシもバックから腎臓めがけてパンチを打ち込みます。
腕を取った田村にヤマヨシ腎臓へのパンチ、

一気に捻り上げてアームバーに行ったところ、
極めに行く田村、

ヤマヨシは田村の顔面めがけ掌底、
掌底を入れていくヤマヨシ、

田村は寸ででかわしますが、

体を入れ替えて、なおも顔面へ。
さらに顔面へ、

ガンガン前に出て無酸素ラッシュ再び。
ガンガン前に出るヤマヨシ、

田村も再び膝を返すが、

ヤマヨシも怯まず顔面へ。
田村も膝を返すがヤマヨシも掌底、

展開を変えたい田村は低いタックルから、
タックルに行く田村、

ヤマヨシの上になりますが、

ここはニアロープでブレイク。
ロープ際ブレイク

立てばガンガン出て来るヤマヨシに、

今度は田村も掌底で応じます。

クロスカウンターがヒット。
クロスカウンター

さらに左フックもヒット、
田村の左フック、

これはKOK以降も田村が得意とした角度のパンチですね。

ヤマヨシも負けじと顔面だけを狙っていきますが、
ヤマヨシも打ち返す、

今度は田村の右フック、これも良い角度とタイミングでヒットし、

ヤマヨシはロープまで吹っ飛びます。
田村の右フックにグラッとくるヤマヨシ

さらにコーナーに詰めて田村の連打、

ヤマヨシのガードが追いつきません。
コーナーに詰めて連打、

何とかテイクダウンを奪ったヤマヨシは、
今度はヤマヨシがテイクダウン

アキレス腱固めに入りかけたところで、
ヤマヨシのアキレス腱固めを、

逆に田村がヒールホールドに取り、

最初にエスケープしたのはヤマヨシの方でした。
田村ヒールホールドに返してロープエスケープ

スタンドで再開、

またヤマヨシのラッシュが始まり、
ヤマヨシの掌底、

田村は膝で返していきます。
田村の膝蹴り、

すぐに右を返すヤマヨシですが、

握ってますね!!
ヤマヨシのナックル炸裂

モロに顎に食った田村が、

力なくロープ際に後退していくと…、
無酸素ラッシュから、

ガードの隙間に、ナックルもう一丁!!
またベアナックル!!

そのまま組み付くと、

右足を取り、左足を刈ってテイクダウン。
足を刈ってテイクダウン、

下半身の力が抜けた状態の田村は、

簡単にバックを奪われますが、

ヤマヨシの裸締めは何とかディフェンス。
バックを取って裸締め狙い、田村も防御、

ガッチリ足をフックして、

ジワジワと首を狙っていくヤマヨシ。
ガッチリ足をフックして、

極まった!!…瞬間、田村エスケープ。
入った瞬間エスケープ

立つと今度は堂々のナックルで右アッパー!!

島田ぁ!! ちゃんと見ろよ!!
ナックルによる右アッパー、

そのままバックに回ったヤマヨシは、

もう一回首を取りに行きますが、
スタンドで首を取りに行く、

それを嫌った田村はグラウンドへ。

ヤマヨシは左足を取ってアキレスの形から、
アキレス腱から、

ヒールに切り換えると、田村エスケープ。
ヒールホールドで田村エスケープ

元々、U系はレスリングシューズ履いて、

ヒールホールドを極め合っていた訳ですが、

最初にパンクラスが異を唱えてからUインターも追随してルール改正。

最後までヒールを容認していたのがリングスだったんですよね。

スタンドでの再開、

速度は落ちてもヤマヨシはあくまで無酸素ラッシュ。

田村も巧みにかわしていきますが、
ヤマヨシ再びラッシュ、

ガードの隙間から右ストレートがヒット!! またもナックル!!
ガードの隙間からナックル、

さすがに効いてきた田村は、

足から崩れ落ちてしまいます。
足から崩れる田村、

ヤマヨシはバックマウントから再度スリーパー狙いに行きますが、

田村も何とか顎を引いて抵抗。

そこをヤマヨシ…サミングで打開していきます!!
バックマウントからサミング、

ガッチリ入った裸締めに田村必死のエスケープ。
裸締めに田村エスケープ

ブレイクすると、さすがに田村はレフェリーにアピールしますが、
サミングをアピールする田村、

島田の簡単な注意にヤマヨシも全く聞くつもりありません。
注意を聞き入れないヤマヨシ

もはや田村、四面楚歌か!?

頭を下げて再び無酸素ラッシュに出て来るヤマヨシに、

田村もカウンターで掌打を放ち相打ち。
掌打の相打ちから、

自然とロックアップが出来上がり、
田村芸術的フィニッシュ1

田村はフワリと身体を浮かせると、
田村芸術的フィニッシュ2

まさかの飛びつき腕十字!!
田村芸術的フィニッシュ3

ヤマヨシの右肘は弓の様に逆方向へ反り、

たまらずタップアウト!!
田村芸術的フィニッシュ4

当時の田村は木口道場へ出稽古に行っていた(参照:田村潔司の源)とは言え、

これ以上ないくらいの芸術的フィニッシュです!!

田村はコーナーに駆け上がっての雄叫び一発。
雄叫び一発

まさに潜ってきた修羅場の違いが表れた結末でしたが、

試合後の田村は反省しきりだった様です。

KAMINOGE vol.20 より

田村
「山本、あいつはタチ悪い! 
(略)完全にグーで殴ってるからね。それで、目に指入れるわ、鼻に入れるわ、反則し放題だから。あとでレフェリーの島田(裕二)さんにも文句言ったんだよ、『あきらかにグーで殴ってんだから、警告とかイエローとか出してくれ』って。やられてる本人は掌底なのかパンチなのかわからないからさ。山本は故意で殴ってたと思うけど、俺は掌底効かされたと思ってたからね。だから、勝つには勝ったけど、試合後、『こんな試合じゃダメだ』って凄く落ち込んだのよ」

ヤマヨシが放ってたナックル、

ほぼ田村の顎付近を捉えていましたからね。

田村は「こんなに掌底食ってちゃダメだ」と落ち込んでいた訳です。

そして入場時に着用し、自陣コーナーに掛けたまま試合をしたUインターのジャージ。

これはUインター代表としてリングス代表のヤマヨシと対戦するという、

田村が自分に課したテーマがあってのものでした。

田村
「あれがもしリングスvsUインターの対抗戦だったら、俺はヒーローだよ! 胴上げされてたよ! でも、ひとりだったから誰も祝ってくれなかったけど(笑)」

「(Uインタージャージ着用は)まあ、外様だから、開き直ってやってたよね」

そして田村は退場前に、

その赤いジャージを客席に投げて、
このジャージに、

本当の意味でUインターに訣別しました。
訣別

 

【腕ひしぎ逆ブログ】

 

 

ありがとう。

 

関連記事:

リングス田村(潔司)さんと山本(宣久)さんって仲が悪いんですか?事件

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




テスト

田村潔司

簡単な自己紹介

folder キッズクラス

キッズ無料体験
more...