田村潔司.com

【田村潔司.com】【kiyoshi tamura.com】【다무라 기요시.com】【คิโยชิทามูระ.com】

市場(イチバ・シジョウ)の読み方・使い方・意味

calendar

reload

市場(イチバ・シジョウ)の読み方・使い方・意味

市場の読み方・使い方・意味(イチバ・シジョウ)

 

市場の読み方・使い方・意味(イチバ・シジョウ)

僕の理解力が、無いのか

・市場(いちば・イチバ)

・市場(しじょう・シジョウ)

日本語は難しい。

どっちでもいいやと結論に(俺流)

 

抜粋してまとめると

市場(いちば・イチバ)

・許可を受けたプロの仲買人などがセリ(競売)「プロのためのプロの市場(いちば)」。
・毎日または一定の日に商人が集まって商品を売買する所。
・小さな店が集まって食料品・日用品などを常設的に売る所。マーケット。
・小さな店が集まって食料品・日用品などを常設的に売る所
・魚市場、青物市場というように、場所を指す場合に使用する言葉。

市場(しじょう・シジョウ)

・魚市場、青物市場というように、場所を指す場合に使用する言葉。
・卸売市場ではない市場は「いちば」
・商品の売買が現実に行われる特定の場所。魚市場・中央卸売市場・証券取引所
・商品売買の範囲。 「 -を開拓する」

こんな表現も

市場(いちば・イチバ)市場(しじょう・シジョウ)

・地域の慣用にあわせて適宜使っています。

以下抜粋になります

東京都中央卸売市場 築地市場
一般消費者ではなく、許可を受けたプロの仲買人などがセリ(競売)などで買い付けをする「プロのためのプロの市場(いちば)」。
場所も表しますが、経済的な機能も表します。ということは、「イチバ」であり、「シジョウ」でもあるということです。つまり、卸売市場ではない市場は「いちば」と呼び、卸売市場である市場は「しじょう」と呼んで区別したほうがいいようです。

しじょう 【市場】
(1)商品の売買が現実に行われる特定の場所。魚市場・中央卸売市場・証券取引所など。いちば。マーケット。
(2)商品としての財貨やサービスが交換され、売買される場についての抽象的な概念。国内市場・国際市場など。
(3)商品売買の範囲。

いちば 【市場/市▽庭】
(1)毎日または一定の日に商人が集まって商品を売買する所。生産物をもち寄って交換・売買する所。いち。
「魚―」
(2)小さな店が集まって食料品・日用品などを常設的に売る所。マーケット。

魚市場・青果市場・証券取引所といった,魚や野菜や株式などを実際に売り買いする特定の〈場所〉である
市場(いちば)とは,売手と買手とが特定の商品を実際に取引する場所のことで,取引の時間帯も定まっている。

これに対して,経済学や経営学における「市場(しじょう)」は抽象的な概念であり,特定の場所や時間にとらわれない。時(とき)所(ところ)に関係なくお互いに取引・競争している経済主体の間に存在する交換関係のことをいう。そして必ず「しじょう」と読む。

文字で書くと同じ「市場」も、訓読みの「イチバ」と音読みの「シジョー」とでは読み方によって意味が違ってきます。
「イチバ」は、「場所」を言い表す場合、「シジョー」は「経済的な機能」を言い表す場合に使います。
イチバ・・・・魚~ 青物~
シジョー・・・売手~ 買手~ 卸売~ 青果物~ ~価格 ~経済
ただし、「場所」を表す場合にも地域によっては「シジョー」と言うところもあり、その場合は地域の慣用にあわせて適宜使っています。

日本の台所と呼ばれ、水産物、青果物を扱う「築地市場」。「つきじいちば」とも「つきじしじょう」とも呼ばれていますが、一体、どちらの呼び方が正しいのでしょうか? Wikipediaによると、両方の読み方が記載されています。

そこで、「イチバ」と「シジョウ」について調べてみると……。

イチバとは、魚市場、青物市場というように、場所を指す場合に使用する言葉。対するシジョウは、売手市場、卸売市場というように、経済的な機能を表す場合に使用する言葉とありました。さらに、「現在では従来『イチバ』と呼んだものを『シジョウ』と呼ぶ慣用が広く一般化してきており、『イチバ』はごく小規模のものという考えが当事者の間に強い」とありました。

ということは、もともとは「ツキジイチバ」と呼んでいたのに、比較的最近になって「ツキジシジョウ」と呼ぶようになったとも解釈できます。

しかし、よくよく調べてみると、「築地市場」の正式名称は「東京都中央卸売市場 築地市場」。そう、一般消費者ではなく、許可を受けたプロの仲買人などがセリ(競売)などで買い付けをする「プロのためのプロの市場(いちば)」。場所も表しますが、経済的な機能も表します。ということは、「イチバ」であり、「シジョウ」でもあるということです。つまり、卸売市場ではない市場は「いちば」と呼び、卸売市場である市場は「しじょう」と呼んで区別したほうがいいようです。

いち ば [1] 【市場・市庭▽】
①毎日または一定の日に商人が集まって商品を売買する所。生産物をもち寄って交換・売買する所。いち。 「魚-」
②小さな店が集まって食料品・日用品などを常設的に売る所。マーケット。
し じょう -ぢやう [0] 【市場】 〔market〕
①商品の売買が現実に行われる特定の場所。魚市場・中央卸売市場・証券取引所など。いちば。マーケット。
②商品としての財貨やサービスが交換され,売買される場についての抽象的な概念。国内市場・国際市場など。
③商品売買の範囲。 「 -を開拓する」

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




テスト

田村潔司

簡単な自己紹介

folder キッズクラス

キッズ無料体験
more...