田村潔司.com

【田村潔司.com】【kiyoshi tamura.com】【다무라 기요시.com】【คิโยชิทามูระ.com】

【田村潔司】実戦スパーでタックルを潰す・コントロールする所【グラップリング編】0803

calendar

【田村潔司】実戦スパーでタックルを潰す

・コントロールする所【グラップリング編】0803

 

タックルに入られた場合

相手をコントロールする所は「頭(顔)」です。(今回の場合)

 

入口の基本(簡単に)

タックルに入る側(攻める・オフェンス・倒す側)

・「耳」をしっかりと相手のもも辺りに「密着」させる動作が必要

 

タックルに入られる側(守る・ディフェンス・倒される側)

・耳を「密着」させない為にする

 

耳を「密着」させないためには

頭をコントロール(制御)が必要になってきます。。

 

少し話がそれます。

馬の手綱(イメージ)

「手綱」を持って「馬」をコントロールする

「左・右・上・下」手綱を持ってコントロールする

 

飽くまでイメージですが、

相手の「頭(顔)」を「手綱」のイメージでコントロールする

自分の「腕(前腕)」でしっかりとタックルを阻止します。。

相手の力量によっては

少々強引に「顔」を切る動作が必要になってくる場合があります。

 

今回は「二パターン」参考にして下さい。。

※右手の使い方

①相手の頭を潰す(下方向へ)

・顔を(切って)⇒自分の体重をかけ押し潰す

②相手の頭を横に流す

以上となります。

細かくなると

・相手の動き(重心がどこか)

・自分の体重のかけ方

・自分の体幹のバランス

も必要になってきますが

入口は「頭(顔)」をコントロールする

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




テスト

田村潔司

簡単な自己紹介

folder キッズクラス

キッズ無料体験
more...