田村潔司.com・tamura kiyoshi.com

【田村潔司.com】【kiyoshi tamura.com】【다무라 기요시.com】【คิโยชิทามูระ.com】

「高校卒業して第一回新生UWF入門テストまでの道のり」1話目(全3話)

calendar

reload

「高校卒業して第一回新生UWF入門テストまでの道のり」1話目(全3話)

「高校卒業して入門テストまでの道のり」1話目(全2話)

今回は、高校を卒業して入門までの道のりを「記し」ます。

1988年3月高校を卒業。
⇩4ヶ月後
1988年7月(18歳)入門

高校卒業後 4ヶ月後に入門

入門のタイミング
遅いとか
早いとか
普通とか

人それぞれの感覚はあるにしても、

夢を追う物としては、順調すぎるスタートダッシュ

 

ブログをご覧の皆さんは
「入門テストに合格すればいいんでしょ。」

そんな意見あるかと思います。
少し長くなりますが、お付き合い下さい。

 

1980年代プロレスブーム
ゴールデンタイムで放送され

テレビの視聴率も20%を取っていた

「観る側の人」

「入門希望者」も沢山いたと思われる時代

野球・ボクシング・大相撲入門に関して

例えば

野球・・ドラフト制度

ボクシング・・・プロテスト

大相撲の新弟子テスト(新弟子検査)

場所後に「新弟子検査」が行われる(1990年頃)

身長・体重・ある程度の基準をクリアすれば入門を許される。
(2016年現在は、入門に関しては大分緩和されてる模様)

 

基準が明確

身長
体重
いつ
どこで

 

プロレス界入門テストという言葉は形式上存在するが

いつ?どこで?と言う情報一切がない。。。。

会場で売ってるパンフレットに
「君もプロレスラーになろう⇒上半身写真、全身写真」を事務所まで

この程度なんです。

実際(1988年当時男子プロレス団体)

●新日本プロレス

●全日本プロレス

それぞれ履歴書を送ったが音沙汰無し・・・

 

僕が、新生UWFの入門テストを受ける事が出来たのか・・・?

僕が入門した団体

「新生UWF」
(第二次UWFとも呼ばれています。)

1988年4月に産声をあげ

新生UWF設立記者会見が行われました。

1988年4月新生UWF設立記者会見
1988年3月僕が高校を卒業

ほぼ同時期

専門誌も

新生UWF設立記者会見の模様は記事になり

 

「スタッフ&新弟子募集」の記事が・・・

その記事を見た瞬間

「ここだ!」

「ここしか無い!」

「ここにしよう」

自分勝手な感情と直感を感じ

「新生UWF」一本になりました。

新弟子募集の記事を見て取った行動

 

事務所の住所を調べ

 

近所の本屋に行き「東京の地図」を購入
DSC_0107

DSC_0108

DSC_0109

東京に行ってみよう!!!
何の保証無い状態で、
東京にあるUWF道場(事務所)に飛び込みで行きました。

 

その結果

 

 

 

見事に門前払い・・・・

チーン!!!!(合掌)

 

 

柔道に「門前払い」という技が存在すれば

門前払い一本!!

て感じ(笑)

 

だが

幾つかの奇跡もあった。

 

その日の出来事を羅列します

岡山⇒東京にあるUWFの事務所へ(用賀駅)

新生UWFの事務所の前で40分出待ちをする

奇跡①
40分出待ちをしたおかげで、「神さん(当時社長)」に奇跡的にお会いする

奇跡②
名刺を頂き、道場の場所まで教えてくれた

道場に行った(世田谷区大蔵)

奇跡③
前田日明が道場で練習していた
(当時看板スターがいた)

直訴してみよう。
「入門させて下さい」

「あっちにいってろ」

あっちに行った。

チーン(合掌)

奇跡・・・途絶える

岡山へ・・・・一時退散

そんな一日でした。。。

 

日を改めて

事務所に電話をして「入門テストはいつあります?」

と何度か電話し

※僕は新生UWFの事務所に履歴書は送って無い記憶がある。

 

ある日、一通の手紙が届いた

 

_20160726_203351

 

DSC_0104

と晴れて

入門テストを受ける日が来たのです。。。。

入門テストを受けられる

それだけで

ワクワクしました。

その後
待ち受けている運命も知らないで・・・・

今回はこの辺で

1話目長い時間お付き合い有難う御座いました。

2話「高校卒業して入門テストまでの道のり」へとつづく
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「高校卒業して第一回新生UWF入門テストまでの道のり」2話目(全3話)
2話目になります1話から読んでない人は1話からお読み下さい。↓↓↓↓↓↓↓↓「高校卒業して第一回新生UWF入門テストまでの道のり」2話目(全2話)入門テストの詳細の封書が届きました。単純に、入門テストを受けられるめちゃくちゃ嬉しかった。心の中で昂ぶりました。とう...

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




テスト

田村潔司

簡単な自己紹介

folder キッズクラス

キッズ無料体験
more...