田村潔司.com

【田村潔司.com】【kiyoshi tamura.com】【다무라 기요시.com】【คิโยชิทามูระ.com】

「肌に艶を」 「汗を弾く肌に」 「ツルツルお肌に」 になりたいなら ゴシゴシこすれ【我流検証】

calendar

reload

「肌に艶を」 「汗を弾く肌に」 「ツルツルお肌に」 になりたいなら ゴシゴシこすれ【我流検証】

「肌に艶を」「汗を弾く肌に」「ツルツルお肌に」になりたいならゴシゴシこすれ【我流検証】

 

「顔」や「身体」肌の艶があると

見た目の印象がよろしいかと思います

ピチピチした肌を得るには

 

テレビのCMの様に

(肌は)泡で優しく洗う

の表現方法があります(イメージ)

 

基本間違ってはないかと思います

 

「間違ってはない」

この表現の仕方
上から目線で失礼します

 

僕自身、美容(肌)に関しては
全くの無知です

 

CM見て

「泡で優しく洗う」
「肌に優しい」

 

へぇ~そうなんだと
と思ってしまうタイプでもあります

 

いや

やっぱり思わないかも・・・

 

ここから話をする内容は

「我流の表現」で
経験上の話でもあります

 

参考に

・する
・しない

受け流す感じでお聞き下さい

 

「肌は優しく洗う」は
基本ベースで同意見になります

 


優しく洗うより

ゴシゴシ洗っていいんじゃね!

と思ったりもしています

 

身体を洗うパターン

 

・石鹸・ボディシャンプーをつけて

①手で優しく洗う
②布の生地(贈答用のタオル)で洗う
③健康タオルでゴシゴシ洗う

 

僕が選ぶとすれば

③健康タオルで石鹸つけてゴシゴシ洗う

 

関連して
少し話がそれます

 

格闘技の練習後
シャワーでの洗い方は

「手にボディシャンプーつけて優しく洗う」

 

⇒「肌がツルツル」

 

「ゴシゴシ擦れ」

我流の意見に反しますが

 

格闘技
組技練習(グラップリング)

練習着はTシャツ

Tシャツで
「顔」
「腕」
結構こすれる

結果
ゴシゴシ感丸出しなのです

 

摩擦力で比べる

「健康タオルで石鹸つけてゴシゴシ」

より

Tシャツで練習
摩擦力は半端なく

 

結果
「ゴシゴシ擦れる感丸出し」です

なぜ?

ゴシゴシ擦って
ツルツルお肌になるか?(個人差あり)

 

想像するに
・肌の薄い角質が取れる

⇒ツルツルになった感じに思うのかも知れません

 

加えて

・擦れることにより「産毛」も自然と処理されている

 

加えて

夏場の練習では汗を糞ほどかく
⇒毛穴からごっそり綺麗に

 

我流の検証結果

 

・薄い角質を取る

・産毛を取る(剃る)

・糞ほど汗をかく

三つの条件ご揃うと

「ツルツルお肌なる」

のではないかと

結論付けします

 

まとまりなく終わり

更新ボタンを押します「ポチッ」

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




テスト

田村潔司

簡単な自己紹介

folder キッズクラス

キッズ無料体験
more...